自主練に最適なアプリ「HomeCourt」がオススメです!

こんにちは!
けんいちコーチです。

ダイアモンドバスケットボールスクールでは、

大阪、兵庫、京都の各地域で練習をしていますが、
各会場で子どもたちが練習できるのはほとんどの場合、週1回約2時間ほど。

その中でバスケットスキルの上達を目指すのはめちゃくちゃ大変です。。

どれだけ練習の質を上げようともやっぱり練習量は多い方がいい。

なので、コーチからは子どもたちには、スクールでの練習をきっかけにして自分で工夫して練習して上手くなることが大切だと「自主練」の重要性を日々伝えています!

 

ただやっぱり「自主練」ってどんな練習をすればいいのか分からない子も多いのが現状。

自主練をしてても上手くなった実感が湧かないだったり、続かないといった悩みも多いです。。

そこで、自主練に使える最適なアプリを見つけたのでご紹介します。
※決してステマではありません。。

それがこれ!

「HomeCourt」というアプリです。

ダウンロードリンクはこちらから↓

iPhone用ダウンロード
Android用ダウンロード

 

このアプリのすごいところは、

例えば、自主練でシューティングをする際に、スマホのカメラで撮影してコートのどこからシュートを打って、何本打って、何本入ったなどのデータ分析をしてくれるところです!

また、ドリブル練習をする時はスマホのインカメラで自分を撮影して、スマホ画面に課題や、障害物を出してくれて、それをこなすことで自然と上手くなれるような仕組みになっています。

他にもコミュニティやチームで参加して競い合える機能があったり、ドリブルやシュートなど自分がどんな練習をどれだけやったかというものが可視化されて、頑張った成果が目に見えてわかるところなどは、

自主練を続けてやりたくなるように設計されていて、とても自主練に最適なアプリです!!

ただ一つ、問題点を挙げるとするならば、アプリそのものが日本語対応ではなく、英語表記のみなのでそこだけ気をつけて使ってみてください。

ちなみに僕もたまーに使ったりしてます。

これも一つの英語の勉強だとポジティブに捉えれば大したことではないと思います。

是非、皆さんも試してみてください!
※何度も言いますが決してステマではありません。。笑

 

ダイアモンドバスケットボールスクールでは、随時体験参加者を募集しています。

お申込み・お問合せはコチラから↓

【お申込み・お問合せ】

一般社団法人バスケットボール推進会

スクール事務局

[MAIL]

info_school@basketball-pp.or.jp

[LINE公式アカウント]

https://lin.ee/xI4j34a

※お友達登録後にトークからお気軽にメッセージしてください。
※トークの内容が他の登録者に閲覧されることはありません。

NEWS|コーチスタッフ募集

こんにちは!

ダイアモンドバスケットボールスクールでは、様々な経歴を持つ社会人コーチから将来指導者を目指す学生コーチまで沢山のコーチが指導し、活躍しております!

そんなダイアモンドバスケットボールスクールでは、
新たにコーチスタッフを募集しています!

勤務地は大阪府、兵庫県、京都府など近畿圏内各地!!

スクール理念「競技の普及」、「地域貢献」、「生きる力を育てる」にご賛同頂き、子どもたちの未来をサポートし、共に成長していける方の応募をお待ちしています!

その他詳細はお問合せください↓↓

【お問合せ】

一般社団法人バスケットボール推進会
ダイアモンドバスケットボールスクール

担当:中野

[WEB]
https://basketball-pp.or.jp/

[MAIL]
info_school@basketball-pp.or.jp

 

クラス新設|DSELECT U12新設&体験会

こんにちは!

ダイアモンドバスケットボールスクールの運営するジュニアユースクラブ「DSELECT」は今年度7月よりU12クラスを新設致します。

新設にあたり6月に体験会を実施し、D-SELECTの練習生、選手を募集致します。

※U15選手も随時体験参加募集しております。

ミニバスだけでは物足りない選手
もっとたくさん試合に出たい選手
もっとバスケ仲間を増やしたい選手

是非ご参加お待ちしています!!

▼体験会日時・会場
火曜日
18:00〜20:00(守口市内コミュニティセンター)
18:00〜21:00(大東市内体育館)

土曜日
15:00〜16:30(城東スポーツセンター)

日祝
9:00〜12:00(住吉公園体育館など)

※詳細はお問い合わせください。

▼体験参加費
無料!!

▼参加条件

・小学6年生以下の男女
・中学進学後も継続参加が可能な選手
・体験会にてコーチ判断により入団を認められた選手

※協会登録は行いませんのでミニバスとの掛け持ち可

▼お月謝

6回コース:¥6,600
フリーコース:¥9,900

※D-SELECT所属選手は、D-SELECTへの練習参加、スクール直営校への各コース分の参加が可能。
※大会出場、及び練習試合などは受講回数に含まれません。
※その他練習着、ユニフォーム購入、遠征イベントの際は別途費用がかかります。予めご了承下さい。

▼活動内容
クラブチーム、中学部活動などU15チームへ参加するための準備を行い、日々の練習の成果を発揮するため外部チームとの試合、大会などに積極的に参加します。またコーチの判断によりD-SELECT U15クラスへ参加することも可能です。

 

【お問合せ・お申込み】

一般社団法人バスケットボール推進会
ダイアモンドバスケットボールスクール

[MAIL]

担当:中野

nakano@basketball-pp.or.jp

[LINE公式アカウント]

※友達追加後、トーク画面よりお問合せ頂けます。トーク画面は他の登録者に閲覧されることはありません。
お問合せの際には、選手のお名前、選手の年齢、ご希望のスクール会場をご連絡ください。

スクール生OBがスーパースポーツゼビオに♪

こんにちは!

バスケットボール推進会です。

 

こちら、スーパースポーツゼビオなんばパークス店にて。

バスケコーナーのステフィン・カリー選手の隣に、

「UAテック」でドライをキープというキャッチフレーズのパネル・・

 

なんと!

今年、ダイアモンドバスケットボールスクールを卒業した選手がモデルとなり

デカデカとパネルで掲載されていました♪

 

彼は、中学を卒業して

B.LEAGUE、リンク栃木ブレックスU-18でプレーしています。

 

高校バスケ部を選ばず、しかも大阪からはるか遠い栃木県へ。

この道を選んだことは素晴らしいと思います。

 

また、すでにチームの中でこのように

看板となれる存在に・・

 

夢を叶えるその日まで、私たちも応援したいと思います。

 

大阪では私たちだけではなく、多くの指導者の方にお世話になったと思います。

部活だけではなく、他のスクールにも通っていましたし

選手が活躍するには、本当にたくさんの後ろ盾があってのことなのだなとしみじみ思いました。

支える親御さんも本当にすごいですよね。

 

大阪に帰ってきた時は顔を出してくれますが、

成長した姿をみせて、

今のスクール生へ伝えていってほしいと思います。

 


※ゼビオ店内で一人でカメラパシャパシャしてたので

絶対に怪しい人だと思われています。(笑)


 

それでは今日はこのへんで。

バスケットボールを、もっと身近に。

2021年度 GW企画 | 1DAYスキルアップレッスン

※このイベントは緊急事態宣言の発令により中止となりました。

 

GW企画 | 1DAYスキルアップレッスン


ゴールデンウィーク企画として1DAYスキルアップレッスンを開催します。

普段の1DAYレッスンよりもボリュームを増し、

外部生の参加も可能となっております。この機会に是非ご参加ください。

▼日時

2021年5月3日(月祝)

第1部 9:00〜10:30

第2部 10:40〜12:10

第3部 12:20〜13:50

2021年5月5日(水祝)

12:00〜14:00

 

▼会場

住吉公園体育館

大阪府大阪市住之江区浜口東1-1-13

南海電鉄「住吉大社駅」下車徒歩3分

 

▼練習テーマ

『ドリブル・パス・シュートの基礎練習と実戦での活用方法を知ろう!』

◯2021年5月3日(月祝)

[第1部]

ドリブル、ハンドリングスキルの向上を目指そう!

[第2部]

実戦でのドリブルスキル、フィニッシュスキルを学ぼう!

[第3部]

1on1ドライブやスクリーンプレーからの合わせの動きで得点をとろう!

◯2021年5月5日(水祝)

実戦の中で学ぼう!

 

▼対象

D-2高学年クラス(4年生以上) / D-1クラスに所属する選手

※外部生も可(小学校4年生~中学生)

 

▼定員

15名

※先着順となります。

 

▼担当コーチ

山口貴久/やまぐちコーチ

https://basketball-pp.or.jp/diamond-bbs/#coach

 

▼参加費

2021年5月3日(月祝)

各部単発 ¥1,500 / スクール生

3部通し ¥3,000 / スクール生

※通し参加の場合はゼリー飲料などの軽食をご持参ください。

2021年5月5日(水祝)

¥1,500 / スクール生

GW全部通し

¥4,000 / スクール生

※外部生は¥500増しとなります。

※当日、現金にてお支払下さい。

[お申込み・お問合せ]

一般社団法人バスケットボール推進会

ダイアモンドバスケットボールスクール事務局

メール:info_school@basketball-pp.or.jp

LINE公式アカウント

※友達追加後、トーク画面よりお問合せ頂けます。トーク画面は他の登録者に閲覧されることはありません。
お問合せの際には、選手のお名前、選手の年齢、ご希望のスクール会場を教えてください。

 

コロナウィルスの影響で

バスケットボールできる環境は制限されてしまっております。

そのような中でも、なんとか開催できる会場が確保できました。

 

是非、この機会にご参加頂きたく思います。

宜しくお願い致します。

お家から近くの子どもバスケットボール教室【地域別紹介】

お子さんに習い事をさせたいと考えていらっしゃる

保護者の方、多いのではないでしょうか?

今回はお家から近くの子どもバスケットボール教室を地域別に紹介します♪


※イメージ写真

🏀バスケットボールスクール紹介🏀

地域別紹介

大阪市・兵庫県・京都府・和歌山県にダイアモンドバスケットボールスクールは広がってきています!

ご自宅から近い教室を探してみてください(*^^*)!

 

大阪府

大東市

大東校

▼会場
四条体育館
住所:大阪府大東市野崎3−6−1
アクセス:野崎駅より徒歩10分
いいもりぷらざ
住所:大阪府大東市北条1−16−16
アクセス:野崎駅より徒歩5分

詳しくはこちらから🔘

堺市

堺市美原体育館

▼会場
堺市美原体育館
住所:大阪府堺市美原区多治井878-1
アクセス:近鉄南大阪線 河内松原駅から
 近鉄バス 余部行 黒山中下車後 徒歩 約10分

詳しくはこちらから🔘

豊中市

豊中校

▼会場
ディーナゲッツ伊丹エアポート店
住所:大阪府豊中市走井3-5-22
アクセス:豊中駅(阪急宝塚本線)徒歩15分

詳しくはこちらから🔘

 

守口市

守口校

▼会場
中部エリアコミュニティセンター体育館
住所:守口市竹町10-1
アクセス:京阪電気鉄道 京阪本線守口市駅より徒歩5分

詳しくはこちらから🔘

 

大阪市

西淀川スポーツセンター

▼会場
西淀川スポーツセンター
住所:大阪市西淀川区野里2-10-35
アクセス:JR東西線「御幣島駅」7番出口より
南東へ徒歩8分

詳しくはこちらから🔘

千島体育館

▼会場
千島体育館
住所:大阪市大正区千島2-7-93
アクセス:JR環状線、大阪メトロ地下鉄長堀鶴見緑地線 大正駅から
大阪シティバス「大正区役所前」下車すぐ

詳しくはこちらから🔘

生野スポーツセンター

▼会場
生野スポーツセンター
住所:大阪市生野区巽西1-1-3
アクセス:地下鉄千日前線「北巽」駅3番出口西 徒歩約10分

詳しくはこちらから🔘

東住吉スポーツセンター

▼会場
東住吉スポーツセンター
住所:大阪市東住吉区公園南矢田4-30-3
アクセス:近鉄南大阪線「矢田」駅 徒歩15分

詳しくはこちらから

天王寺スポーツセンター

▼会場
天王寺スポーツセンター
住所:大阪市天王寺区真田山町5−109
アクセス:地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造」南へ10分

詳しくはこちらから🔘

 

兵庫県

神戸市

北神戸田園スポーツ公園(ミズノバスケットボールスクール)

▼会場
北神戸田園スポーツ公園
住所:兵庫県神戸市北区有野長二郎753−1
アクセス:市バス(神姫バス共通)68系統「菖蒲が丘2丁目」下車徒歩約10分
:神戸電鉄道場南口駅から徒歩約20分

詳しくはこちらから🔘

神戸三宮校

▼会場
神戸リガッタアンドアスレチック倶楽部
住所:兵庫県神戸市中央区八幡通2-1-20
アクセス:東海道・山陽本線三ノ宮駅 徒歩8分

詳しくはこちらから🔘

 

尼崎市

園田体育館

▼会場
園田体育館
住所:兵庫県尼崎市食満2丁目1−1
アクセス:阪神バス「園田公民館」下車すぐ

詳しくはこちらから🔘

 

 

京都府

京都市

伏見校

▼会場
京都朝鮮初級学校体育館
住所:京都府京都市伏見区小栗栖丸山1−2
アクセス:JR東西線 醍醐駅 徒歩18分

 

詳しくはこちらから🔘

亀岡市

亀岡運動公園体育館

▼会場
亀岡運動公園体育館
住所:京都府亀岡市曽我部町穴太土渕33−1 亀岡運動公園 体育館
アクセス:JR嵯峨野線「亀岡駅」下車より
「京阪京都交通バス」34.40.59系統バス乗車「亀岡運動公園競技場前」下車(約15分乗車)すぐ
詳しくはこちらから🔘

 

和歌山県

田辺市

田辺校

▼会場
田辺市立スポーツ施設体育センター
住所:和歌山県田辺市芳養町108−4
アクセス:JR紀伊田辺駅から車で約15分
田辺スポーツパーク
住所:和歌山県田辺市上の山1丁目23−1ー1
アクセス:南紀田辺ICから車で1分(南紀田辺IC降りてすぐ)
詳しくはこちらから🔘

 

ダイアモンドバスケットボールスクールは全国で
バスケットボールスクールを開校しどんな場所でもバスケットが
学べる環境を作っていきたいと考えております!

 

地域別スクールの紹介は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「体験に行ってみたい!」
「バスケットボールに興味が出た!」

と思っていただいた方はこちらからお気軽にご連絡ください♪

※友達追加後、トーク画面よりお問合せ頂けます。トーク画面は他の登録者に閲覧されることはありません。
お問合せの際には、選手のお名前、選手の年齢、ご希望のスクール会場を教えてください。

「スポーツドリンクは薄めて飲むといい」という迷信

こんにちは!

ダイアモンドバスケットボールスクールです。

 

日々の生活の中で、インターネットが発達しているこの世の中で

「正しい知識」を得ることは、以前よりも難しくなっている気がします。

 

時代の変化と共に科学も進化して、

これまでの常識、知識というのは変わっていきます。

今日正しいことは、明日変わっているかもしれません。

 

スポーツドリンクは薄めて飲んだ方がいいという昔の豆知識

 

スポーツをやっていれば一度は聞いたことがあって

それを鵜呑みにしてた人は多いと思います。

 

さて、その情報、本当に正しいのでしょうか?

こちらの記事を読んでみてください。

 

「ポカリは薄めたほうがいい」に大塚製薬がズバリ回答 「圧が強い」と話題に

 

新型コロナウィルスの影響も手伝って、

今年は例年よりもさらに熱中症への警鐘が鳴らされています。

 

そんな時に、正しい知識を持っていることは

命を救う大切なことだと思います。

 

選手にも伝えていますが、

色々な情報の中から「何が正しいのか?」「何を頼りにするのか?」

最後は自分で選択する必要があって、自分の選択を信じることが大切だと思っています。

 

それでは今日は、このへんで。

皆さま、暑い日が続きますがお体ご自愛下さい。

 

バスケットボールを、遊びつくそう。

育成年代のバスケは動きはじめている

こんにちは!

バスケットボール推進会です。

 

久しぶりの更新となりましたが

このコロナ渦でも日本のバスケ界は動いていますね。

 

これは育成年代の試合の形式を

トーナメントマインドから

リーグマインドに変革していくことで

 

選手にどのような影響があるかということが記事に書かれています。

 

動き出した「日本バスケットボール育成改革」のビジョンと課題 ~成功の鍵はリーグ戦文化の定着にあり~

https://news.yahoo.co.jp/byline/naohikoueno/20200728-00190320/

 

私、個人的な考えとしては

環境をそろえられるかどうか?は別として

このリーグマインドは大賛成です。

 

リーグレギュレーションの中に

最終的にトーナメントがあるというのが

一番の理想です。(個人的な意見としてです。(笑))

 

リーグマインドで得られる選手の成長、チームの成長、

それに加えて

トーナメントにも人を成長させる要素はたくさんあると思っています。

 

どちらをとる・・

ではなく、両方を含めたうえで

柱をリーグマインドとすれば

良い選手は育っていくのではないでしょうか。

 

「生きる力を育てる」

 

このテーマで活動している私たちにとって

バスケットボールを通じて選手の「人」としての成長は最重要課題です。

 

バスケが上手い下手というのは

正直、二の次です。

 

全国大会に出れば人として成り立っているのか?

バスケが上手ければ何を発言してもいいのか?

 

まったくそんなことはないです。

勝ちしか目指していない、バスケ「しか」していない人の方が、

経験値が低くて社会になじめないことだってある。

 

この点、トーナメントよりもリーグの方が

社会に出てから学ぶ要素を得られる可能性は高い。

 

だから私個人的な意見として

この記事の内容に大賛成なのです。

 

スポーツは本当に素晴らしい。

でも、

それをコントロールする大人たちのやり方で

選手の未来は左右されることを意識していかないとなりませんね。

 

それでは今日は、このへんで。

 

バスケットボールを、遊びつくそう。

アメリカ研修レポート その④

こんにちは!

バスケットボール推進会です。

 

4回に分けてアメリカ研修レポートを続けてきましたが

これが最後です。

FedEx Forum(フェデックス・フォーラム)の前で。

夜はこんな感じでライトアップします。

アメリカ、NBA。

いつかNBAの試合をアメリカで観戦する。というのは

実は人生で1回くらい叶えたいなと思っていた夢だったのですが、

こうもあっさり叶ってしまうとは思いませんでした。

 

もっと高い目標を持ちますね。(焦)

 

この目線のところまで降りて来れました。

というか、チケットもMVPアクセスというV.I.P待遇で通して頂けました。

 

グリズリーズのマネージャーの方(写真右)に試合前の施設案内と

NBAの運営についてお話をお伺いすることができました。

この日のカードは、グリズリーズ vs ブルズ

ダンクコンテストで活躍したザック・ラビーン選手のダンクを

間近で拝むことができました!

 

色々とNBAの運営事情をお聞きしましたが、

想像通り・・・ではなかったので驚きでした。

 

例えば、チケット販売について。

売上のパーセンテージは多い順で

チケット→スポンサー→グッズ→放映権だそうですが

 

チケット販売のために、20名程の営業スタッフが過去に来てくれたお客様に1人1日60~70人へ電話をかけるということでした。

 

これは意外過ぎました。

NBAのチケットなんて放っておいても売れそうなイメージがあります。しかし、実際は売るための努力をスタッフで地道に行っているようです。

 

マネージャーの方の腰の低さにもビックリでした。

おそらくV.I.Pのお客様担当スタッフだからかと思います。

とても親切に私たちの話を聞いてくれ、対応してくれました。

 

NBA選手になりたい場合に、スカウトを受けるためにはどうしたら良いか?という質問も投げました。

 

NBAスカウトは、スペインリーグなど

ヨーロッパリーグは良く偵察するそうです。

日本人でも、ヨーロッパでプレーする選手が多くなると良いですね。

 

それと、常にハードワークできる選手。というのは

絶対条件だと仰っていました。

 

そして、もう1試合。

渡邊雄太選手が活躍する、メンフィス・ハッスルの試合も観てきました!

サイン頂いています。ミーハーですね。

なんと、試合はこの距離で。

コートサイドというか・・もはやベンチですね。

渡邊選手のシュートの瞬間です。

この日もチームの中心選手のひとりとして大活躍。

勝利に貢献していました!

 

そしてこの日もサプライズが♪

写真での公表は禁止されていますので・・

 

試合後、渡邊選手行きつけの日本食レストランにて

お食事をご一緒させて頂きました。

レストランに向かう車の中でも、助手席から後ろを向いて先に挨拶してくれる謙虚さ。夢を叶えている人の話は、本当に刺激がありました。

本当に良い時間を過ごさせて頂きました。

 

たくさんの経験ができた今回のアメリカ研修。

 

これをきっかけに、

私たちの活動は次のステージへ進んでいきたいと思っています。

 

すべて読んで頂き、ありがとうございました。

地元、メンフィスのソウルフード人気No,1のお店にも行けました。

 

全てが初めての経験で思った以上に疲労がきましたが

それ以上得られるものが多かったです。

 

より良い研修ができるよう、

企画を考えて参ります。

 

それでは、このへんで。

 

バスケットボールを、遊びつくそう。

アメリカ研修レポート その③

こんにちは!

バスケットボール推進会です。

 

アメリカ研修レポート その②では

高校の環境について書きました。

 

さて、次は

NCAA、大学バスケットボールリーグ

ディビジョンⅠで活躍するチーム

メンフィス大学の施設見学について書きます。

 

これは、メンフィス大学の選手15人のために作られた

練習施設のエントランスです。

施設は新しく、全米でベスト3に入る程の練習環境だそうです。

 

2008年のドラフトで、メンフィス大学から

デリック・ローズ選手が選ばれています。

 

そして、NBAレジェンドのひとり。

マイケル・ジョーダン2世とも謳われた

「ペニー」の愛称で知られる

アンファニー・ハーダウェイ選手

メンフィス大学出身のバスケットボール選手です。

 

そして彼はなんと!!

現在、メンフィス大学のヘッドコーチを務めているのです。

エントランスから少し奥に進むと、

ペニーモデルのバッシュがズラリ。

体育館も・・・NBA選手が練習する環境よりも良いかもしれない。という程でした。

 

チームの研究や、試合のレポートをする会議室は映画館以上。

 

プロテインは施設内のそこら中にセッティングされており、

勉学が本業の学生にとって、カフェテリアのような空間も。

選手たちはすべて無料で使えるそうです。

 

もちろん、ケアに関するサポート体制は万全。

写真にはありませんが、

チームは分業制が当たり前で、

選手は競技で最高のパフォーマンスを出すことだけに集中させるため、

選手たちのユニフォームを洗濯するのはスタッフの仕事。

 

商品のストックルームも見させて頂きましたが、

シューズやソックスもすべてNIKEとの契約で提供されていて、

選手は練習着からバッシュまで選び放題。

(あくまで練習で使う分だけ、とのことでしたが)

 

ヘッドコーチも、コーチングが仕事なので

体のケア、心のケアは別の専門スタッフが対応。

 

チームが、選手だけではなくすべてのサポーターで

完全組織化されていました。

 

そして、メンフィス大の試合はNBAのグリズリーズの試合会場と同じフェデックス・フォーラムで実施され

この規模になるそうですね。

 

今、最も議題に上がっているのが

大学リーグの選手たちに報酬を渡すべきか、どうか?

 

アメリカの大学スポーツは、非常に大きなお金が動きます。

それも選手たちの活躍がすべてですが

お金は選手ではなく、大学側が受け取っている。

それに対して苦言を呈する者もいれば、

 

純粋にスポーツで真剣勝負する若者の姿は素晴らしいから

そこにお金を絡めてしまうと違うのではないか?

という意見もあり、話は先に進んでいないそうです。

 

議題のレベルの次元が先を行き過ぎてて。。(笑)

 

とにかく、何もかもが合理的なアメリカ。

日本の100歩先を進んでいます。

 

さて・・・

 

実は、施設見学が終わって、さあ帰ろうと思っていた時、

トレーニングルームで何やら黙々と筋トレしている

明らかにサイズの大きい人を発見。

 

まさかの、

 

アンファニー・ハーダウェイ(ペニー)ヘッドコーチと

お会いすることができました!!

※写真ありません。(泣)

悔しいので、拾った写真で。

 

ご挨拶と、握手させて頂きました・・・洗えない。

 

※その日、すぐに洗いました。

 

こんな奇跡的な出会いも、アメリカならではです。

 

続きは「アメリカ研修レポート その④」で。