Coach’s Voice|#2

 

「Coach’s Voice」ではダイアモンドバスケットボールスクールで活躍するスクールコーチを紹介します。コーチたちの経歴や想いを「声」にして、全国のバスケットボールをプレーする子どもたちに届けます。

第2回目は現在、守口校とジュニアユースクラブD-SELECTでコーチを務める岡本コーチ。


【Profile】
岡本公介(おかもとこうすけ)
守口校D-SELECT / メインコーチ

1996年5月23日生まれ
福井県小浜市出身
JBA公認E級コーチ
JBA公認B級審判

【History】
バスケットを始めたきっかけは兄の影響で小学校低学年の時にNBAライブのゲームをしたのがきっかけで、当時からアイバーソンとコービーといったNBAスター選手に憧れを持ち、小5になって地域のバスケ教室に入ったことがきっかけにどっぷりとバスケットにはまっていった。

バスケを始めるまでは少年野球をしていたが、野球は努力せずにこなすことができていた。小5になって始めたバスケットはどうしても努力してもできなかったのが悔しくもあり、楽しくもあり、よりバスケットにのめり込んでいったと話す。

高校卒業後は学校の先生かスポーツトレーナーかで迷っていたが、自分の現役選手生活の中で怪我に悩まされ続けたことから、同じような悩みを持つ学生を救いたいと思い、スポーツトレーナーの道を選ぶことに。

今では、守口校とD-SELECTでトレーナーや審判という独自の視点や経験を活かし、熱い指導で選手たちと関わっている。

【Voice】
バスケットボールへの想い
「純粋に他のスポーツよりもバスケットが一番カッコよくて一番面白いと思います。僕にとってはバスケットは一つの手段であって、人間性を養ったりバスケットを通じて自身の人間性を育てられた。」

指導に携わることへの想い
「自分が指導したことや、アドバイスしたことが結果として成長が目に見えてわかる時に指導の楽しさややりがいを感じます。またこれから卒業生がどんどん出てきて子どもたちの活躍を見るのがすごく楽しみです。」

将来の夢
「バスケットの実業団のチームを作りたい。小学校から大学までのカテゴリーに属して指導に携わり、選手の人生をサポートしたい。」

バスケットをプレーする子どもたちへ
「今を楽しめ。今は今しかない。これからは楽しむ才能が求められる時代です。今ある環境を大切にして今を全力で楽しもう。」

パーソナルトレーニングジムを経営し、審判活動もしながらもスクールコーチとして指導に関わってくれている岡本コーチのパワーは底知れないものを感じました。

今後も岡本コーチの活躍に乞うご期待!!

ダイアモンドバスケットボールスクールでは体験参加者を随時募集中です♪

【お問合せ・お申込み】
一般社団法人バスケットボール推進会
ダイアモンドバスケットボールスクール

[MAIL]
info_school@basketball-pp.or.jp

 

D-SELECT|大阪ジュニアバスケットボール選手権

こんにちは!
けんいちコーチです。

当スクールのクラブチーム「D-SELECT」
所属している大阪ジュニアバスケットボール連盟主催の

大阪ジュニアバスケットボール選手権に男女チームともに出場してきました。

女子チームは今年度初の公式戦出場です!

メンバー集まらず、4on4での試合となりましたが、
選手一人ひとり、一生懸命にプレーしてくれていました。

また女子チームの課題も新たに見つかり、今後の女子チームが楽しみです!

男子チームは目標としていた「2勝」には届かず、
結果は1勝と言う形で終わることになりました。

2年連続で予選1stROUNDを突破して、
2ndROUNDに出場できるようになったものの、
1stROUND1位通過のチームとの差はかなり大きく
2ndROUNDは全敗となりました。

 

ただ、男子も女子も転んでもタダで起きるわけにはいきません。
この結果から何を学び、これからどうするか。

試合後の初練習でチームで話し合い
チームの向かうべき方向、やるべきことが見えてきた気がします。

私たちD-SELECTは「周りに良い影響を与える」を理念として掲げています。

これからも一人でも多く、周りに良い影響を与えて、
一人でも多くの人に応援してもらえるチームになれるよう、
一歩ずつ前進して活動していきます。

今後とも応援のほどよろしくお願い致します。

レポート|Ncup U15

こんにちは!
けんいちコーチです!

ダイアモンドバスケットボールスクールでは、毎年出場させて頂いていたドリームカップに今年も出場してきました!

今年から主催が変わり、大会名も「Ncup」と変更されていましたが、内容は以前と全く変わらず、

コロナ禍で大変な状況にも関わらず、大会を開催してくれた「なみはやバスケットボールクラブ」さんには本当に感謝です。

U15への出場は、スクールのジュニアユースクラブ「D-SELECT」が出場させて頂きました。

男女共に出場させて頂き、コロナ禍によって練習試合などもできない期間が続いていたので、こういった機会を得ることができて本当に嬉しく思います。

D-SELECTではチーム理念として、「周りに良い影響を与える」を掲げており、試合の結果にももちろんこだわっていきますが、

それ以上に今回の会場でたくさんの人にD-SELECTというチームを目にしてもらって

「D-SELECTっていいチームだな」

と思ってもらえるチームを目指しています。

今回のNcupでは男女ともに成長を見せてくれてとても良かったなと思います。

11月からは大会が続きますが、今後とも応援のほどよろしくお願い致します。

 

レポート|Ncup U12

こんにちは!
けんいちコーチです!

ダイアモンドバスケットボールスクールでは、毎年出場させて頂いていたドリームカップに今年も出場してきました!

今年から主催が変わり、大会名も「Ncup」と変更されていましたが、内容は以前と全く変わらず、

コロナ禍で大変な状況にも関わらず、大会を開催してくれた「なみはやバスケットボールクラブ」さんには本当に感謝です。

スクールでは、ありがたいことに近畿各地で会場を持ち、そこに参加してくれている選手から参加者を募り、大会に参加することがほとんどです。

なので、いつも「今日限りの即席チーム」で練習試合や大会に臨んでいますが、

普段は一緒にプレーをしていない選手たちが集まり、最初はぎこちなかったチームが徐々に歯車が噛み合っていく瞬間を見れるのは、

本当に興奮するし、バスケットはチームスポーツであることをこういった機会で本当に再認識させられます。

そして、「今日限りの即席チーム」を言い訳にせず、目の前のプレーに一生懸命に取り組む選手たちの姿にいつも感動させられます。

 

こういった大会に参加するにあたって、いつも選手たちに伝えているのは、

「今日限りの即席チームが力を出すために必要なこと」

です。

そのためには、自分は何ができて、何が得意なのかを知ってもらう必要があります。

チームの味方が何ができて、何が得意なのかを知る必要があります。

スクールでもそうですし、バスケットをどこかで習っているならいろんなところで耳にタコができるくらい言われていると思いますが、

「今日限りの即席チームが力を出すために必要なこと」

は間違いなく

「コミュニケーション」

です。

バスケットスキル以上に

自分のことを伝える能力人の話を聞く能力

めちゃくちゃ大事です。

そう言った学びの機会を頂いたNcup関係者の皆様、本当にありがとうございました!