レポート|Ncup U12

こんにちは!
けんいちコーチです!

ダイアモンドバスケットボールスクールでは、毎年出場させて頂いていたドリームカップに今年も出場してきました!

今年から主催が変わり、大会名も「Ncup」と変更されていましたが、内容は以前と全く変わらず、

コロナ禍で大変な状況にも関わらず、大会を開催してくれた「なみはやバスケットボールクラブ」さんには本当に感謝です。

スクールでは、ありがたいことに近畿各地で会場を持ち、そこに参加してくれている選手から参加者を募り、大会に参加することがほとんどです。

なので、いつも「今日限りの即席チーム」で練習試合や大会に臨んでいますが、

普段は一緒にプレーをしていない選手たちが集まり、最初はぎこちなかったチームが徐々に歯車が噛み合っていく瞬間を見れるのは、

本当に興奮するし、バスケットはチームスポーツであることをこういった機会で本当に再認識させられます。

そして、「今日限りの即席チーム」を言い訳にせず、目の前のプレーに一生懸命に取り組む選手たちの姿にいつも感動させられます。

 

こういった大会に参加するにあたって、いつも選手たちに伝えているのは、

「今日限りの即席チームが力を出すために必要なこと」

です。

そのためには、自分は何ができて、何が得意なのかを知ってもらう必要があります。

チームの味方が何ができて、何が得意なのかを知る必要があります。

スクールでもそうですし、バスケットをどこかで習っているならいろんなところで耳にタコができるくらい言われていると思いますが、

「今日限りの即席チームが力を出すために必要なこと」

は間違いなく

「コミュニケーション」

です。

バスケットスキル以上に

自分のことを伝える能力人の話を聞く能力

めちゃくちゃ大事です。

そう言った学びの機会を頂いたNcup関係者の皆様、本当にありがとうございました!

 

投稿者:

ダイアモンドバスケットボールスクール

大阪、兵庫に展開する4歳から中学生までを対象としたバスケットボール教室です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です