【バスケ初心者脱出スキル】ガルウィングを手に入れよう!

ドリブルしている時、ボールが手から放れている時間が長くなっていませんか?

シュート・パス・ドリブル、どの攻撃を選ぶにしても

バスケットボールが自分の手に接触している状態でないと

次の行動にうつすことは難しいです。

 

かと言ってボールを持ってしまっては、ドリブルの選択肢は消えて

もう一度ドリブルをしたらダブルドリブルのバイオレーションになってしまいますよね。

そこにディフェンスのプレッシャーが来たら、急いでパスかシュートをしなければなりません。

 

「もっと自由にハンドリングできたら・・」

「もっと余裕を持つことができたら・・」

バスケットボールをやっていれば誰でも思うことだと思います。

 

そんなお悩みを解決するハンドリングスキルをご紹介します。

1on1の局面はもちろん、ボールが手に触れている時間を意図的に長くすることによって、あなたの判断能力を活かすことができる

「ガルウィング」の練習方法をご紹介します。


【初心者脱出スキル】ガルウィング(フロント・バック・サイドキック・ツーステップ)


このスキルは、ポケットというハンドリングスキルを使っており

バスケットボール初級者が上級者を目指すために

絶対に身につけていただきたいスキルになります。

 

ちなみに、分解練習としてのポケットはこちらの動画で紹介しています。


ポケット | バスケ初心者はすぐに身につけたいハンドリング・ドリブルスキル

※動画はL字ドリブルとなっておりますが、内容は同じです。


 

ガルウィングを身に着けておくと、

1on1ではディフェンスを横にゆさぶる技を習得できます。

 

それがこちらのフローティングステップというスキルです。

NBA選手も多用していて、個人的にケビン・デュラント選手やレブロン・ジェームス選手のフローティングは無敵だと思っています。


フローティング(2ステップ)&アタック | バスケ1on1


もちろん、これだけでは無く

1on1の必須スキルはガルウィングを用いたものが多いので

バスケをはじめたての段階で押さえておきたいです。

 

ドリブル中も焦らず、シュート・パス・ドリブルを

考えながら選んでいくことができると思います。

 

バスケットボールは、ひとりひとりが考えながらプレーすることが

とても大切だと思います。そのためにも

ガルウィングは是非練習してみてくださいね♪

 

.

大阪を中心に近畿圏内で子どもバスケ教室を開催中

ダイアモンドバスケットボールスクール

https://basketball-pp.or.jp/diamond-bbs