スクールでの練習は上手くなるきっかけを掴む場所

こんにちは!

けんいちコーチです!

 

ダイアモンドバスケットボールスクールでは、

大阪府内各地、兵庫県にてスクールを実施していますが、

各地では月に4回ペースの練習がほとんどです。

 

その練習時間もわずか1時間〜2時間程度です。

 

この練習時間が多いか少ないかの議論は置いておいて、、

 

週1回2時間だけの練習で果たして上達するスピードは早くなるかどうか。。

その答えはNOだと思います。

 

それでもスクールでの練習回数と時間を増やすことは出来ません。

その環境の中で何が出来るかを考えましょう。

 

まずは練習をより濃いものにすることが大切です。そこが大前提です。

一つ一つのメニューに対して全力で取り組みましょう!

出来ることは全力で!出来ないことにはチャレンジしましょう!

 

そして、練習回数が少なければ自主練をするのもありだと思います!

お家でボールを触りましょう!

公園でドリブルしましょう!

(周りの人に迷惑にならないように。笑)

 

スクールでもバスケが上手くなりたい人と聞くとほぼ全員が手を挙げます。

でも自主練してる人と聞くとその数は一気に減ります。

 

スクールの練習は月4回で1回2時間しかありません。

それだけの練習でどれだけ濃い練習にしても上手くなるのには限界があります。

その後6日間、練習していない期間があるのはもったいないです。

 

そこで、僕からの提案は、

「スクールは上手くなるきっかけを掴みにいく場所」

だと考えるようにしてみましょう!

 

練習への取り組み方が変わるはずです。

コーチの話や説明をより集中して聞けるはずです。

 

そして、きっかけを掴んで自分で練習してみましょう!

それが上手くなる近道なんじゃないかなと思っています!

 

これからも一緒に頑張りましょう!

投稿者: ダイアモンドバスケットボールスクール

大阪、兵庫に展開する4歳から中学生までを対象としたバスケットボール教室です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です